ももクロ有安杏果はぼっちだった!それに関する話し合いの内容を調査!

卒業を表明し、世間をざわつかせているももいろクローバーZの

有安杏果

ですが、

普段からぼっちだったことが卒業の理由なのでは?と噂されています。

そんなぼっち説についてや、それに関する話し合いの内容について調査していきます!

スポンサーリンク

ももクロ有安杏果はぼっちだった?

有安杏果は普段からぼっちでメンバーからハブられていたという噂がありますが、調べてみたところ、それを裏付けるような画像が多数出てきました…。

以下がその画像↓

 

たしかに、明らかに一人だけ浮いているような、そんな印象を受けますね。

なぜこうなってしまったのか、考えられる理由としては、

加入時期が現メンバーの中で最も遅かった

という理由です。

いわば学校でいう“転校生”のような形で加入してきたので、なかなか既存の空気感に馴染めなかったのかもしれません。

活動期間も8年と長めなので、そんなことはないんじゃないかとも思いますが、根本的な考え方や性格が合わなければ、人間関係の溝というのもは中々拭いきれないのかもしれません…。

 

それに関する話し合いの内容とは?

 

有安杏果と他のメンバー間の溝に関しては、ももクロ内でも問題になっていたそうです。

そしてある日、そのことに関する話し合いの場が設けられ、議論を交わしたそうです!

その話し合いの後に、有安杏果はこう語っています。

“実際にみんなの輪の中に入ってみたら、全然、違った!”

自分が勝手に他のメンバーとの間に壁をつくっていただけであって、一緒にいることの楽しさに気づいたそうです。

そこから関係が修復していくかと思われましたが、そう上手くもいかなかったようですね…。

そのことが理由かどうかはわかりませんが、結局卒業という道を選ぶことになってしまいました。

スポンサーリンク

まとめ

有安杏果のぼっち説に関しては、諸説ありますが、かなり事実に近いものだと思います。

卒業の理由と直結してるかは定かではありませんが、今後そのような話を本人たちの口からされることはあるのでしょうか。

期待して見ていきたいところです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です