TOEIC初受験で700点突破した2か月勉強法

スポンサーリンク

はじめに

TOEICは皆さんもご存じの通り、社会的な認知度が高いため、TOEICの点数が高い=英語ができるとして一般的に認めてもらえる試験です。企業のエントリーシートにTOEICの点数を記入する欄があったり、入社の条件として「TOEIC〇〇点以上」と掲げている企業があったりと、就職活動や将来のキャリアアップのために必須の試験とも言えるでしょう。

そう、TOEICはあくまで試験なんです。皆さんがテスト前にテスト対策をするように、TOEICもそれ相応の対策をとることで、短期間の勉強で高得点を狙うことも可能なんです。まずはTOEICは単なる試験であり、それに特化した対策をすることで高得点が狙えるということを頭にいれておきましょう!

それをふまえて何から始めるべきか。

まずは問題集を買ってしまいましょう。

「いきなり問題集なんか買っても解けるわけねーだろ!」と思った方、安心してください。手始めに問題集を買うことは、問題を解くことが目的ではありません。あくまでTOEICの全体像をつかむことが目的です。まずは問題集の冒頭部分の受験の手引きや試験形式の概要ページを読み込み、求められる能力をしっかりと理解しておきましょう!

オススメの問題集は

【TOEICテスト 究極の模試 600問】

この問題集は公式問題集より値段が安い割に問題の質が非常に高いです。なんといって解説がかなり詳しく書いてあるので、特に初受験者にはオススメの問題集です。

1ヵ月目(基礎固め期)

1か月目は、TOEICで高得点を取るためには必須な単語力・文法力・リスニング力の基礎を固める基礎固め期間です。

はっきり言ってこの期間は、これから紹介する3冊の参考書をボロボロになるまでやり込みまくって下さい。いいですか?ボロボロになるまで、ですよ!!

単語力を鍛えるために

【TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ】

文法力を鍛えるために

【1駅1題 新TOEIC TEST 文法 特急】

リスニング力を鍛えるために

【TOEIC L&R パート1・2特急 難化対策ドリル】

これらの参考書は、とにかくTOEICを受けまくっている人たちが毎回の試験の傾向から分析して作り上げた、いわば最強のTOEIC対策本です。私も実際に絶大な効果を感じたので、とにかくやり込んで下さい!

2ヵ月目(実践期)

2ヶ月目は、固めた基礎力をひたすらアウトプットしていく実践期です。基礎知識ばかりもっていても、アウトプット出来なければまったく意味がありません。なので、より本番を意識してどんどん問題集を解いていきましょう!

この際、意識して欲しいのが時間配分です。TOEICは何といっても時間との戦いなので、究極の模試の解説を参考にしながら、ぜひ時間配分を意識して問題を解いていって下さい。

私は究極の模試の3回分の模試を3回ずつ解き、合計9回分の実戦を行いました。ここまでやると自分なりの時間配分もわかってきますし、問題形式も知り尽くしているので、本番は怖いものなしでしょう。とは言っても、2ヶ月目で鍛えた基礎力では解けない問題もありますので、それはきっぱり切り捨てて、解ける問題に集中するという気持ちで取り組んでください。

ちなみに、この期間も1ヶ月目でボロボロにした参考書たちを読みまくることは続けて下さい。チラ見しただけで答えが解るくらいにやり込んでいれば、700点を取れるだけの基礎力は確実に身についていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで解説をしてきましたが、2ヶ月という短い期間で高得点を出すために大切なことは、どんな勉強をするかもそうですが、一番はあなたの根気です。

本気でボロボロになるまでやり込めるかどうかにかかっています。

就職活動で成功するため、キャリアアップを目指すため、みなさんのそれぞれの目標に向かって頑張っていきましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です