江草仁貴の現在はデイサービス(介護施設)経営者!会社名や場所はどこ?

阪神タイガースで投手として長年活躍していた印象の強い江草仁貴ですが、2017年に引退を表明したことはまだ記憶に新しいですよね。

そんな江草仁貴ですが、プロ野球引退後としてはかなり異例の道を歩んでいるようなんです!

なんと現在は介護の仕事に従事しているようで、何とリハビリ型デイサービスの経営者をしているそうなんですね〜。

介護の仕事には以前より関心を抱いていたそうですが、そのきっかけが気になりますね!

今回はそんな江草仁貴の現在の仕事であるデイサービスの経営に加えて、気になる会社の名前や施設の場所について調査してみたいと思います!

スポンサーリンク

江草仁貴のプロフィール

調査を行う前に、まずは江草仁貴のプロフィールをザッと確認してみましょう。

名前:江草仁貴(えぐさ ひろたか)
生年月日:1980年9月3日
年齢:38歳
出身:広島県福山市
身長:178cm
体重:83kg

江草仁貴といえば、妻がバレーボール元日本代表の竹下佳江であることが非常に有名ですよね!

すでにお子さんもいるようで、スポーツ選手同士の元に生まれた子となるとかなり運動神経抜群に育ちそうな気がしますよね。笑

プロ野球引退後は介護施設を経営する実業家として活躍する傍ら、自分の人生に大きな影響を与えたと語る野球との繋がりはコーチという形で保っているんだとか!

大阪電気通信大学の硬式野球部のコーチとして活動しており、多岐に渡って活躍をされているようですね〜。

プロ野球生活は結果を求められる厳しい世界だったと思いますが、その世界を引退してもなお様々なチャレンジをしている江草仁貴は本当に尊敬に値する人物だと思います。

私は部活の引退後などは燃え尽きてしばらくの期間何もしないタイプだったので、プロ野球とは比べものになりませんが、さらにチャレンジできる人は本当にすごいと感じます。

さて、実業家として経営するデイサービスについて、気になるので調査していきましょう!

江草仁貴の現在はデイサービス(介護施設)経営者?

一時はプロ野球界を席巻した投手である江草仁貴ですが、引退後の現在は異例ともいえる介護の仕事に就いており、デイサービスの経営者に転身しているそうなんです!

さっそくその詳細について調査してみましょう。

阪神タイガースのイメージがつよい江草仁貴ですが、出身は広島県ということもあり、最終的には広島東洋カープで引退を迎えましたよね!

そんなところからも、やはり“地元への愛”というものが感じられますが、デイサービスの経営も地元の広島市内で行っているようです。

プロ野球選手時代から介護に興味を持っていたということですが、きっかけは「人の役に立つ仕事がしたい」という強い思いだったそうですね〜!

プロ野球選手はその姿がだれかの夢や希望となり、それだけでも十分”人の役に立っている”とは思いますが、実際に役に立っていると目に見える仕事として介護に惹かれていったのかもしれませんね。

江草仁貴の祖母が実際にデイサービスに通っていたということで、その姿からも人の役に立ちたいという思いは増していったのでしょう!

そんな江草仁貴が経営するデイサービスですが、主にお年寄りの歩行機能回復をサポートすることを目的として、利用者30名ほどに対して従業員は7人で回しているんだとか!

資金面では苦しい部分もあるようですが、人の役に立つため、そして従業員の生活を守るために事業を軌道に乗せようと日々もがく毎日のようです。

プロ野球から介護の世界に飛び込む挑戦心はやはり長年スポーツに全力で打ち込む中で培ったものだと思いますし、ここにスポーツの良さを感じます!

今後どんどん事業を拡大して、介護の世界でも大成功してくれることに期待をしましょう!

デイサービスの会社の名前や場所はどこ?

そんな「人の役に立ちたい」という強い思いを持つ江草仁貴が経営するデイサービスですので、ぜひ利用したいと思う人もいらっしゃると思います。

なのでここからは江草仁貴が経営するデイサービスの会社名や場所をチェックしていきましょう!

調査をしていくと、会社名は

株式会社キアン

という名前であることが判明しました!

キアンのホームページがこちら!

サイト内では江草仁貴が代表取締役として事業について語っておりますので、是非チェックしてみて下さい!

株式会社キアンのメイン事業となるリハビリ型デイサービスの運営に関しては、株式会社インターネットインフィニティが全国的に運営を行なっている“レコードブック”という介護施設のフランチャイズオーナーとして運営を受託している形のようですね〜。

フランチャイズ契約で運営を任されるまでには、介護事業の経営コンサルティングやマーケティング戦略等を学べるプログラムが用意されているようで、駆け出したばかりの江草仁貴にとってはかなり好都合な条件だったのだと思いますね!

学びながら運営を行えるレコードブックとのフランチャイズ契約はこの上ないチャンスだったのではないでしょうか。

運営する施設であるレコードブックの場所は広島住吉町ということで、地元広島で展開しているようですね!

現在は他社とのフランチャイズ契約という形ですが、この運営を通して学んだことを生かし、いずれは自社所有のデイサービス施設を開設してくれることに期待したいですね〜。

これほどまでに大きなチャレンジをしている江草仁貴を全力で応援していきましょう!

スポンサーリンク

まとめ

今回はかつてプロ野球選手として大活躍した江草仁貴の現在について、経営するデイサービスの会社名や場所について詳しく調査を行なってみました!

未だ従業員は7名のようですが、すでに介護施設に30名もの利用者がいるのはとてもすごいことだと思います。

スポーツに長年打ち込んできたからこそのチャレンジ精神だと思いますし、ここからさらに事業を拡大して勢いに乗って欲しいですね!

セカンドキャリアを歩む元プロ野球江草仁貴の今後の挑戦に期待をしておきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です