【樹木希林さん死去】娘や孫など家族の反応&コメントをまとめ!世間や海外は?

日本を代表する女優である

樹木希林さん

が亡くなられたというニュースが飛び込んできました。

ガンで闘病中ということは世間にも知られていたことですが、突然の訃報はまさに寝耳に水であり、かなりの衝撃を受けました!

日本を代表する、まさに“大女優”という言葉がふさわしいお方でしたので、この大きな衝撃を受け止め切れない人も多いのではないでしょうか。

元々闘病中だったということでしたが、樹木希林さんの家族としては我々ほどは唐突な訃報ではなかったと思われますが、一体どのような反応やコメントをしているのでしょうか!

娘さんお孫さん共に芸能界で活躍しているので、その反応やコメントについて気になるので調査を行なってみたいと思います。

スポンサーリンク

樹木希林の死去に対する娘や孫など家族の反応は?

この度、お亡くなりになった樹木希林さんですが、ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、十数年間もの長い間数々の病気と闘ってきていたようなんです。

2003年に網膜剥離で左目の視力を失い、翌年の2004年には乳がんが見つかり、一度は完治したものの全身に転移してしまったそうです。

全身に転移してしまっていることをアカデミー賞の授賞式で明かしたということですが、そこで堂々と言えるほど病気を受け入れ、そして真っ向から向き合って闘っていたのだと思いますよね。

女優として数々の苦境やステージを乗り越えてきたことを彷彿とさせるようなその度胸と心意気に感銘を受けました!

ガンが全身に転移していることを明かした後も、変わらず女優として精力的に活動を行われていましたが、『万引き家族』がその良い例だと思います。

そのバックグラウンドストーリーを知った後に万引き家族を見ると、また違った視点で樹木希林さんの演技に注目出来るかもしれませんね!

さて、そんな樹木希林さんのご家族ですが、娘さんとお孫さんは芸能界で活躍している方なんです。

まずは娘さんの

内田也哉子(うちだ ややこ)さん

ですが、樹木希林の2番目の夫であるミュージシャンの内田裕也との間に生まれ、母と同じく女優としてや、エッセイスト、歌手としてなど幅広く活躍をされています!

そんな娘さんの訃報に対する反応やコメントですが、現時点で公表はされておりませんでした。

家族内ではこの事態に対する覚悟は出来ていたとは思いますが、まだコメントを貰うには早すぎるのかもしれません。

続いてはお孫さんですが、内田伽羅(うちだ きゃら)さんという名前で、女優として活躍しているそうです!

見ての通りかなりの美女であり、この大人びた雰囲気で実はまだ18歳なんだとか。

さすが”大女優の孫”というだけあってかなりの貫禄を兼ね備えた美女ですので、既に将来の活躍がかなり期待されそうですね!

そんな内田伽羅の反応やコメントについて調査をしてみましたが、こちらも現時点では公表されていませんでした。

告別式が30日に予定されているということで、それに向けて各関係者のコメントや反応も公表されると思いますので、確認でき次第追記したいと思います。

樹木希林の死去に対する世間や海外の反応は?

樹木希林さんが亡くなられたニュースは既に大きな話題となっていますが、世間はどのような反応を見せているのでしょうか。

ネット上の反応を見てみると、多くの方が樹木希林さんの訃報を悲しみ、追悼の意を表していました!

これまで樹木希林さんが積み重ねてきた過去というか、これほどまでに愛されている女優さんだったのだなと改めて実感出来ますよね。

国際映画祭などにも参加していた樹木希林さんですので、その演技は海外でも高い評価を受けていたことが予想できます!

そこで、今回の訃報に対する海外の反応を調査してみると、やはり海外からのコメントを発見しました!

是永監督作品への出演が多かった樹木希林さんですが、是永作品は海外でも高く評価されていたので、同時に樹木希林さんの演技にも注目が集まっていたのだと思われます。

世界に“宝物を残してくれた”と言わしめるとは、やはりその演技力に感銘を受けますし、演技によって伝わるものは世界共通で言葉いらずなんだな~と感じました。

まさに世界に誇れる日本の大女優を失ったことは大変悲しいことですが、これまでの樹木希林さんの功績に感謝するしかありません。

スポンサーリンク

まとめ

先日のさくらももこさんの訃報に続き、樹木希林さんこ訃報という悲しい出来事が起こりました。

“死”は誰にでもいつか起こりうる事象であり、避けることは出来ませんが、このように大きなニュースとして目の当たりにすると考えされられる部分も多くあります。

樹木希林さんは家族に看取られて最後を迎えたということでしたが、それは本人もご家族もいい形で迎えられた最後だったのではないでしょうか。

この度はご冥福をお祈り致します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です