金足農業高校(金農)への寄付金の使い道や行方は一体…寄付先や場所も調査!

記念すべき第100回大会を無事に終えた、夏の全国高校野球選手権大会ですが、通称”甲子園”と呼ばれるこの大会では毎年球史に残る素晴らしいゲームがたくさん繰り広げられますよね!

今年は特に決勝戦のカードに注目が集まりましたが、秋田県勢で103年ぶりの決勝進出を果たした金足農業高校と史上初の2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭高校のまさに

雑草軍団vsスター軍団

という面白い決勝カードだったんですね~。

雑草軍団の金足農業高校は決勝戦で惜しくも破れて準優勝となりましたが、ルーキーズにも似たその大活躍は全国に“金農旋風”を巻き起こす結果となりました!

驚くべきなのが、多くの感動を与えてくれた金足農業高校に対して全国から集まった寄付金の総額ですが、なんと

1.9億円

という計り知れない額が集まったそうなんです!笑

※上記の寄付額は2018年8月23日時点の情報ですが、2018年9月19日時点で2億7578万円まで跳ね上がり、何と24時間テレビの募金額を超えてしまったそうですよ!(24時間テレビの寄付金は2億6787万円)

今回は、気になるその多額の寄付金の使い道や行方から、寄付先&場所を調査していきたいと思います!

スポンサーリンク

金足農業高校(金農)への寄付金とは?

公立高校でかる金足農業高校に集まった寄付金総額は何と

1.9億円(※2018年9月19日時点で2億7578万円まで増額しています。)

ですが、まさに異例とも言えるこの多額の寄付金は一体どこからどのように集められたのでしょうか。

元を辿ると、“勝ち進むにつれて選手や大応援団の滞在期間が延びたことで当初の寄付金予算をオーバーすることが見込まれた”ことが寄付金を呼びかけるきっかけとなったそうですね!

金足農業高校野球部のOB会のホームページにて以下のように寄付金を募ったようですね~。

本日ベスト8をかけた横浜高校さんとの試合で

見事逆転勝ちを収めました!!

応援してくださった皆様本当にありがとうございます。

公立高校として、農業高校として、東北の高校として

明日の試合も後輩たちには頑張って力を発揮してもらいたいと思います!!

勝ち進むことで、控え選手や吹奏楽の応援団の宿泊費用が必要となり

当初の寄付金の予算を大幅に超える可能性が出てきてしまいました。

皆様のご協力をどうぞ宜しくお願い致します。

http://kanano-baseball.com/archives/2526

この募集が募られたのが8月17日ですので、わずか1週間で全国から1.9億円もの寄付金が集められたということになります。笑

横浜高校との試合の後は、破竹の勢いで決勝戦まで進出しましたが、その過程の中で多くのミラクルと感動を日本中に与えてくれましたよね!

その結果の1つとしてこのような寄付金の数字として表れたのではないでしょうか。

近江戦でのサヨナラ2ランスクイズは本当に見事でした!

高校野球を経験した自分ですが、あの大舞台で冷静かつ大胆なあのようなプレーが出来るのは素晴らしいの一言でしかありません。泣

この寄付金は感動を与えてくれた全力プレーに対する「ありがとう!」という気持ちそのものかもしれませんね!

金足農業高校(金農)への寄付金の使い道や行方は?

1.9億円もの寄付金が集まったとなると、その使い道や行方が気になってしまいますよね~。

野球部のOB会が寄付金を募った時点での目標額が5000万円だったそうですので、これを大幅に超える形となりました!

決勝戦まで勝ち進んだことによる、選手や大応援団の滞在費などが当初の寄付金予算をオーバーする分を概算しての5000万円という数字ですが、そもそも当初の予算では決勝戦まで滞在すると赤字になることはわかっていたということになりますよね。笑

高校側もまさかここまで活躍してくれるとは…という想定外の活躍ぶりだったのかもしれませんね!

結果的に集まったのは目標額の約4倍の額ですので、言い方は悪いかもしれませんが、滞在費等を全て精算してもかなり”余る”計算になりますよね。

追記(2018年9月19日):

最終的には5倍の値段まで跳ね上がる結果となり、何と24時間テレビの募金額を超えてしまいましたね!まさに日本中が金足農業に魅了された結果でもあり、もらった感動への感謝の気持ちでもあると思います。

そこで余った額の使い道や行方を調査してみましたが、残念ながら高校側から使い道に関して公言はしていないようですね!

少なからず横領や不透明な使用などは絶対に避けて欲しいところですが、個人的には金足農業高校に対してそのような心配はあまりしていません。

というのも、そもそも金足農業高校はとても謙虚な姿勢で寄付金を募っていまして、

寄付金が一口2000円からという寄付しやすい額であり、あまり多くを求めるというよりかは、”気持ちでも良いからご協力下さい”という姿勢がここに現れているな~と思いました。

さらに金足農業高校の校長先生が「公立高校ですので、これ以上貰っても困ってしまいますので、どうかご配慮ください」というような発言をしているんですね!

この金足旋風の中であれば、今後もしばらくは無限に寄付金総額は伸びていきそうな勢いですが、あえてそれを抑制するような発言をするとは、校長先生自身がなんとも謙虚な姿勢でありますよね。

なので、金足農業高校が寄付金で私腹を肥やすなんて心配は無用でしょう!笑

さらなる高校の発展や地域農業の活性化、そしてなにより野球部の今後の成長に投資していって欲しいなと思いますね~。

今後の金農の活躍に期待しましょう!

スポンサーリンク

金足農業高校への寄付金の寄付先や場所は?

今からでも寄付したい!という方も多くいらっしゃると思いますので、寄付先や場所についても調査してみたいと思います。

まず寄付先ですが、

振込機関は以下の通りとなります。(1口2000円でお願いしております)

・秋田銀行追分支店(普)1044052

・北都銀行秋田北支店(普)8126876

・秋田なまはげ農業協同組合追分支店(普)0023609

口座名義 金農甲子園出場支援協議会会長 佐々木 吉秋

http://kanano-baseball.com/archives/2526

なまはげという名前がまさに秋田県を感じさせますよね。笑

基本的にはこちらの口座への振込での寄付金(賛助金)の募集となっているようですよ!

そして寄付金の場所ですが、甲子園期間中は金足農業高校に寄付金の受付ブースが設置されて長蛇の列が出来たそうですね~。

そのブースの現在の有無はわかりませんでしたが、おそらくこの全国的な金農フィーバーを受けて、一度閉めているのではないでしょうか。

なので寄付をしたい方は口座振込が確実だと思われます!

今後も寄付金総額は伸びていくことが予想されますが、何よりその寄付金による今後の金足農業高校の発展に注目したいですよね。

これからも応援していきましょう!

まとめ

今回は金足農業高校に集まった多額の寄付金の使い道や行方について調査を進めてみました!

2.7億円もの多額の寄付金となると、今後はその使い道に注目が集まりそうですので、ぜひ完全にクリアな使い方をして欲しいなと思いますね~。

ぜひ残った寄付金により金足農業高校がますます発展してくれることに期待をしたいです!

総額はまだまだ伸びると思いますので、その金額と学校の対応などに引き続き注目していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です