シャイニングマンデーは公務員や学生も実施対象?開始時期はいつからか調査!

プレミアムフライデーに続き“シャイニングマンデー”なるものが話題となっておりますが、これはプレミアムフライデーの振替という発想に基づいているようなんです。

そもそも月末の金曜日を対象としているプレミアムフライデーに対して、『月末の金曜日は忙しすぎる』という声が多くあがっており、別の曜日への振替などは検討されていたんだとか!

公明党が2016年7月の選挙の際にシャイニングマンデーの制度導入をマニフェストに掲げたことで、話がより現実的になったということなんですね~。

そんなシャイニングマンデーですが、土日休みという決まった休みのない公務員の方たちや学校がある学生は実施対象なのでしょうか!

早速調査していきましょう!

スポンサーリンク

シャイニングマンデーとは?

そもそもシャイニングマンデーとは何?という方のために、簡単な説明から入りたいと思います!

シャイニングマンデーとは、『月末の月曜日を午前休にする』という制度です。

先述しましたが、この制度の発想はプレミアムフライデーの振替という考え方に基づいていて、いわばプレミアムフライデーのしわ寄せ的な午前休ということになりますね!

プレミアムフライデーありきのシャイニングマンデーということですので、そもそもプレミアムフライデーがほとんど浸透していない現状を考えるとシャイニングマンデーの効果や普及率も懸念がされますよね~。

個人的な心配の通り世間の反応も批判的で、このようなネーミングで国民の期待を煽っても意味がないという声や、トップダウン方式ではいつまでたっても働き方改革など実現しないという声もあがっているようです!

私もそのような意見は持っておりますが、このような発想が政府側から生まれているだけでも方向性としては良い方向に向かっているのではないかな~とも感じています。

あとは現実的になることを信じるのみですけどね!

以下の記事ではシャイニングマンデーとは何かについて詳しく記載していますので、合わせてチェックしてみて下さい!

シャイニングマンデーとは一体...虚構だという評判や実施企業一覧を調査!

2018.07.31

シャイニングマンデーは公務員や学生も実施対象?

現状ではやや批判されがちなシャイニングマンデーですが、会社員だけではなく公務員や学生も実施対象なのでしょうか?

シャイニングマンデーについての詳しい制度内容などはまだ検討されていないようですので、個人的な考察を行ってみたいと思います。

公務員として代表的なのは役所勤めの方、先生、警察官、消防士などがイメージできますが、ほとんどの職種で時間的な制限が多いことがわかります。

平日の受付が基本線である役所に関しては、シャイニングマンデーにより月末の月曜午前中に役所の手続きを済ませてしまおうという会社員の方が増えるかもしれませんので、むしろシャイニングマンデーの時間帯は繁忙時間となってしまいますね!

導入自体は可能であっても、現実的に実現させるのは難しいのでは無いでしょうか。

先生に関しては生徒との絡みもありますので、学校全体で午前中に取り組む必要が出てきます!

月末月曜日の午前中のみ授業を休みにすることは可能かもしれませんが、その分の授業が土曜日に移行したりなど結局しわ寄せによって本来休みである時間が奪われてしまうことにもなりかねませんよね~。

先生に関しても実現可能性は低いと考えられます!

そして警察官や消防士ですが、24時間体制で国を守ってくれている人たちですので、最も実現可能性は低いでしょう。

そもそもある一定期間に全員が休んでいるという状況があり得ない職種ですので、プレミアムフライデーやシャイニングマンデーという話はまったくの無関係といっても過言ではないでしょう!

今日はシャイニングマンデーなので出動出来ません!なんて言われてしまっては困りますからね。笑

そのことを考えると本当に感謝しなければいけない存在なのだなぁと思います。

そして学生ですが、シャイニングマンデーの実施可能性としては公務員よりは高いのではないでしょうか!

基本的に月~金曜日に授業が行われる小中高においては、学校単位でシャイニングマンデーを導入することも考えられますし、学校が休みになれば先生たちも休めて一石二鳥ですよね。笑

その休みにした分の授業をどこで振り替えるかが問題点とはなりそうですが、授業進度の早い進学校などは特に振り替えせずとも実現出来そうな気がします!

大学生に関しては自分で時間割を組むことがほとんどだと思いますので、休日も自由に設定することが出来ます。

なのでシャイニングマンデー以上に自由な時間を過ごしているので、実施されたところで何ら生活に変わりはないでしょうね!笑

もしシャイニングマンデーが現実となった際に、「うちの学校はシャイニングマンデー導入してます!」なんて言ったら宣伝効果は高いかもしれませんけどね~。

考察はここまでとして、まずはシャイニングマンデーが現実になることを期待しておきましょう!

スポンサーリンク

開始時期はいつからか調査!

まだ制度として確立しているわけではないシャイニングマンデーですが、開始時期はいつごろに検討されているのでしょうか。

調査を行ってみましたが、開始時期がいつなのかの情報はございませんでした!

公明党がマニフェストとして掲げている以上、シャイニングマンデーの実現に向けて動くことは義務的な部分もありますので、これからどのように進展するのか期待したいですね~。

開始されたところで関係ねーよ!と言う人がほとんどだと思いますが、そうならないような制度として実現されることが理想ですね!

まとめ

今回はシャイニングマンデーが公務員や学生も実施対象なのかどうかや、開始時期はいつからなのかを調査してみました!

まだこの制度の具体的な内容は検討中のようで、発想だけで留まっているようです。

もし実現したとしても、プレミアムフライデー同様にその浸透力が懸念されますが、プレミアムフライデーの問題点も踏まえた上でよりよい制度として導入されればかなり有意義な制度になると考えています!

これからの進展に期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です