【浦安花火大会2018】台風12号の影響は?中止や延期の情報を調査!

歴史的な猛暑の夏となっている2018年の夏ですが、そんなに暑い中でも花火大会などの夏の風物詩はやはり行きたくなってしまうものですよね~。

7月末の土日には各地でたくさんの花火大会が予定されているようですが、そんな楽しみな雰囲気に水を差すように台風が直撃するという情報が流れています。

今回は浦安の花火大会にスポットを当て、台風12号の影響はどうなのか、中止や延期の情報などを調査していきたいと思います!

スポンサーリンク

浦安花火大会(2018)の台風12号による影響は?

7月末の土日である27.28日には各地でたくさんの花火大会やイベントが予定されていますが、代表的な隅田川花火大会やフジロックフェスなどと同じく、浦安花火大会もその1つです!

浦安の花火大会は毎年開催されている夏の風物詩であり、千葉県民やその周辺住民の間では有名な夏の風物詩となっているんですね~。

観客動員数は15万人と隅田川や長岡の花火大会には到底およびませんが、海沿いで観覧出来ることもあり見やすさはトップクラスの花火大会なんです!

こちらは観覧席の画像ですが、視界と観覧場所共にかなり広々していてあまり大きなストレスを感じずに見ることが出来るんです。

楽しみにしている方が多い花火大会なだけに、台風12号の影響が気になるところですが、その動向を調査してみましょう!

台風12号の予想進路図を見てみると花火大会当日の28日の朝には関東に上陸する見込みで、ピークは28日の夜から29日の朝にかけてになりそうですね~。

まさに花火大会の時間に直撃するような予想進路です…。泣

世界各国の天気予報機関による予想進路もほぼ同じであり、この進路を取ることはほぼ間違いないレベルだと思われます!

“運が悪い”としか言いようがありませんが、中止の情報や一縷の望みである延期の情報を調査してみましょう!

浦安花火大会の中止や延期の情報を調査!

公式サイトを確認すると、

荒天の場合は中止

と赤字で大きく示されていました。泣

ならば延期はないのか!とすがるような思いで調べてみましたが、延期の情報はありませんでした。

「なんでだよ!」と思うかもしれませんが、交通規制や自治体の協力など、たくさんの調整や事前準備の上で成り立っている花火大会ですから、延期出来ないのも理解出来る気がしますよね!

もし中止になった場合、有料観覧席チケットの払い戻しは期間限定で行なっているようですのでお気をつけ下さいね!

台風の直撃がほぼ確実で延期の予定はないというかなり残念な調査結果になってしまいましたが、あとは何かの奇跡が起きて台風が消滅することを祈りましょう。笑

スポンサーリンク

まとめ

浦安花火大会2018について、台風12号の影響や中止・延期の情報を調査してきました!

もし台風が直撃した場合は来年までお預けというかなり厳しい状況になってしまいますが、自然の脅威には何も文句は言えませんよね。

8月頭の土日にも花火大会が催される地域が多いようですので、今のうちに代替の予定を立てておいても良いかもしれません!

合わせて台風直撃の際は無用な外出は避けるようにして、自分の身を守りましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です