鳥内秀晃監督は口唇裂で怖いと評判なのは本当!?実家のうどん屋も調査!

世間を大きく騒がせており、改めて”スポーツの在り方”が問われる問題となった日大アメフト部のタックル問題ですが、立て続けに会見が行われて進展を見せていますね!

中でも被害者側となった関西学院大学のアメフト部ですが、日大の監督やコーチの会見に不信感を抱いているという立場で合致しているようですね~。

加害者の張本人となってしまった日大の宮川選手に対する印象はむしろプラスになり、宮川選手の発言の信憑性が高いと感じているようです。

宮川選手の気持ちを真摯に受け止めて、彼を守ろうとしてくれた関西学院大学の鳥内秀晃監督のスポーツマンシップ精神が世間では話題になっているようですね!

今回はそんな鳥内秀晃について、口唇裂で怖いと評判なのかどうかや、実家のうどん屋について調査をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

鳥内秀晃のwikiプロフィール

名前:鳥内秀晃(とりうち ひであき)

生年月日:1958年11月26日

年齢:59歳

出身:大阪府

現在はアメフト部の監督として手腕を発揮している鳥内秀晃ですが、彼自身もやはり関学のアメフト部出身のようですね!

現役時代は1年生の秋からレギュラー出場するほどの逸材だったようですが、ここで驚くべき事実が発覚しました。

なんとアメフトを始めたのは大学生からということなんです!笑

ということは、約半年間のアメフト経験で強豪関西学院大学アメフト部のレギュラーになったということですよね~。

高校時代はサッカー部で全国高校選手権にも出場していたようですから、かなりのスポーツセンスの持ち主だったのかもしれません。

しかしながらサッカーとアメフトでは必要とされる体つきもかなり違うと思われますから、そこをどのように埋めていったのかが疑問ですよね!笑

大学卒業後はアメフトコーチになるべく、アメリカへコーチ留学へ行ったそうですね~。

結果的に全国大会常連の名将となり、日本代表の監督にも選ばれるまでの実力を身につけたのですね!

タックルした張本人である宮川選手を責めるわけではなく、むしろ救おうとする姿勢に名将としての内面が現れているような気がします。

鳥内秀晃は口唇裂で怖いと評判なのは本当!?

そんな名将と言われる鳥内秀晃ですが、見た目が若干強面ということもあり、怖いという声もあがっているそうですね~。

さらに口唇裂という症状が現れているのでは?という噂もされているようですので、その真偽について調査を行なってみたいと思います!

まずは鳥内秀晃の顔画像を見てみましょう。

たしかに強面かもしれません!笑

しかしこちらの写真ではとても可愛らしい笑顔が!!

これを見たらもう怖いとは言えないのではないでしょうか。

見た目が強面の人ほど心が優しいなんてこともありますので、“怖い”という評判は見た目だけで広まってしまったものなのでしょう。

そして口唇裂という症状についてですが、そもそもこの症状は生まれつき上唇が割れている状態のことを言うそうです。

たしかに鳥内監督の写真を見てみるとその症状と似ているような印象ですが、それっぽいというだけであって事実ではないようですね~。

世間の人々が口唇裂という症状を知っているのも驚きですが、そのように思った人たちの間から広がっていった噂ということでしょう!

鳥内秀晃の実家のうどん屋を調査!

鳥内秀晃ですが、実家がうどん屋だという噂もあるようです。

出身は大阪府なので、大阪のどこかに鳥内監督の実家のうどん屋があるのでしょうか!

さっそく調査を行なってみました。

すると『大阪のおうどん屋さん』というお店のオーナーとして働いていることが判明致しました!

てっきり実家の両親が切り盛りしているのかと思いきや、鳥内監督自身がオーナーとして活躍しているそうなんです。笑

父親からお店を継ぎ、3代目としてお店を守っているそうですよ~。

http://osakaudon.jp

お店のサイトに鳥内監督の写真が載っていますが、やはり優しい笑顔をされています。

うどん屋さんとアメフト部の監督を両立しているとは、かなり器用だしストイックな方なんだと思います。

怖い!というのは単なる噂にすぎないとさらに念押ししてくれるような、そんな笑顔でした!笑

気になった方は是非訪れてみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、タックル問題の被害者側である関西学院大学の監督の鳥内秀晃について、気になる口唇裂で怖いという評判や実家のうどん屋について調査してみました!

日大の監督やコーチらが3人解任され、収束を見せつつあるこの問題ですが、スポーツの在り方を考えさせられる問題になったのではないでしょうか。

タックルをした張本人の宮川選手はアメフト引退を表明しましたが、当該選手同士は和解した様子であったことが何よりの救いです。

関学と日大の定期戦停止などは早急に解除されるのでしょうか。

今後にも注目していきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です