AKB48『Teacher Teacher』歌詞の意味や解釈!セクハラと批判?【MV動画】

2005年にデビューを果たしてから、一度も留まることなくブレイクし続けている日本のトップアイドルグループ『AKB48』ですが、ファン待望の52枚目のシングル

Teacher Teacher

を発表しましたね!

高橋みなみが後継者として認めた小栗有以が初のセンターを務めており、どんなパフォーマンスを披露してくれるのかに注目が集まっていますね〜。

今回の曲は“誘惑”をテーマにしており、メンバーの脚線美からも目が離せません!

誘惑ということもあり、歌詞が過激でセクハラという批判もあるようですが、実際どうなのでしょうか。

歌詞の意味や解釈などを調査して検証してみたいと思います!

スポンサーリンク

AKB48『Teacher Teacher 』のMV動画!

ではさっそく、AKB48の新曲『Teacher Teacher 』のMVを見てみましょう!

“誘惑”がテーマというだけあり、やはりメンバーの脚線美に目がいきますよね〜。笑

なんと言っても全員スタイルがいい!

世間の反応からは、「韓国のアイドルみたい」といった声もあがっているようですね〜。

たしかに、脚線美を押し出したスタイルや振り付けは韓国アイドルっぽい感じもありますが、それに対しては賛否両論あるようです!

しかし、韓国アイドルの振り付けを手がけてきたパク・ジュニが実際に振り付けを務めたそうで、“K-POP風の要素を取り入れよう”という思惑は本当にあったのではないかと個人的には考えています。

そんな『Teacher Teacher 』ですが、歌詞のコンセプトがとても過激であり、セクハラだと批判の声もあがっているようなんです!

続いては歌詞の意味や解釈を調査していきましょう!

AKB48『Teacher Teacher 』の歌詞の意味や解釈!

『Teacher Teacher 』の歌詞全文がこちら↓

AKB48『Teacher Teacher 』
作詞:秋元康

学校じゃ 気づいていなかった
街で会って はっとしてしまった
男性だって 今さら思い出した
イケてるんじゃない?

声掛けようか迷って
溢(こぼ)れそうなカフェラテ
運命とは奥の手
話を聞かせて
誰かに見られて噂されても
私は平気

Teacher Teacher なぜ 逃げ腰で
Teacher Teacher なぜ 微笑むのかしら?
Teacher Teacher なぜ 私とは
Teacher Teacher なぜ こんな距離を置くの?
Teacher Teacher なぜ 教え子は
Teacher Teacher なぜ 恋愛対象外?
Teacher Teacher なぜ プライベートは
Teacher Teacher なぜ よそよそしい
いつもと違う 今日の先生
Why?

Teacher Teacher 今 さりげなく
Teacher Teacher 今 腕をすり抜けて
Teacher Teacher 今 駄々っ子を
Teacher Teacher 今 まるであやすように…
Teacher Teacher 今 気をつけて
Teacher Teacher 今 帰りなさいなんて
Teacher Teacher 今 学園ドラマね
Teacher Teacher 今 真面目すぎる
夢の世界へついて来なさい
Come on!

いつも教えてもらってるけれど
愛について教えてあげるわ
さあ もっともっと楽しい時間
ここからは全てを任せてお願いTeacher

Teacher Teacher さあ 常識は
Teacher Teacher さあ 忘れて頂戴
Teacher Teacher さあ 今日だけは
Teacher Teacher さあ 独り占めさせて

Teacher Teacher なぜ 逃げ腰で
Teacher Teacher なぜ 微笑むのかしら?
Teacher Teacher なぜ 私とは
Teacher Teacher なぜ こんな距離を置くの?
Teacher Teacher なぜ 教え子は
Teacher Teacher なぜ 恋愛対象外?
Teacher Teacher なぜ プライベートは
Teacher Teacher なぜ よそよそしい
いつもと違う 今日の先生
Why?

この曲の歌詞の意味は「先生を誘惑する女子生徒」です。

曲を聴いてるとそこまで感じませんでしまが、文字にすると過激な感じがまざまざと伝わってきますよね。笑

ここからは個人的な歌詞の解釈をしてみたいと思います!

先生に恋をしてしまった女子生徒が、学校以外で会う先生の姿にハッとしてしまうところから始まっていますね。

学校では”ただの先生”して見ていたけれど、お互いプライベートな時間にふと出会った瞬間、”一人の男性”として意識し始めてしまっているのだと思います!

まさに禁断の恋のはじまりですね。笑

先生としても、学校ではいくら仲良くしているとはいえ、プライベートで仲良くしすぎると世間体的にも悪いため少しよそよそしくしてしまったのでしょう。

その距離感に違和感を抱き、逆にそれが女子生徒の思いをどんどん募らせていってしまっていると思われます。

そこからどんどんエスカレートしていって、最終的には「私をどうにでもして!」という境地に至る、といったところでしょうか!

これを未成年も入り混じったアイドルが歌うとなると、たしかに過激かも!とは思ってしまいます。

まさにタイムリーで、未成年者とのそういった問題が浮き彫りになってしまった事例があったために、セクハラだという批判の声があがってしまっているのだと考えられますね〜。

芯にあるコンセプトとしては、おニャン子クラブの『セーラー服を脱がさないで』と似ているような気もするので、個人的には懐かしい気持ちも感じてしまいますが。笑

時代的にそういった過激さが受け入れられにくいのかもしれませんね!

逆にその風潮に真っ向勝負してくる秋元康さんはさすがだなと思います。

今後はどのような反応をされるのか、期待して見ておきましょう!

スポンサーリンク

まとめ

今回はAKB48の新曲『Teacher Teacher 』の歌詞の意味や解釈について調査してきました!

「韓国に寄せている」「歌詞が過激すぎる」などの賛否の声がたくさんあがっている曲ですが、これも秋元康さんの戦略なのでしょうか。

今後の世間の反応にも注目をしていきましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です