Airbnb(エアビーアンドビー)って何?人気の理由や安全性についてまとめてみた

最近話題のAirbnb(エアビーアンドビー)

「こんな経験が出来るなんてすごい!」「安い!」「誰でも異文化交流ができる!」など、エアビーアンドビーにはたくさんの魅力があり人気が急上昇しています。

しかし、「安全なの?」「違法じゃないの?」「ホテル業界に与える打撃は?」などといった疑問が生まれてくるのも事実です。

airbnb(エアビーアンドビー)の人気の理由や安全性についてまとめ、その魅力に迫ってみたいと思います!!

スポンサーリンク

そもそも、airbnb(エアビーアンドビー)って何?

airbnb(エアビーアンドビー)とは、「空いている家を誰かに貸したい人」と「家を借りたい人」をマッチングしてくれるサイトです。

アカウント登録を行えば、誰でも貸主(ホスト)になれるし、借主(ゲスト)にもなれます。

これは、airbnb(エアビーアンドビー)が一気に普及した大きな要因にもなりました!

 

Airbnb(エアビーアンドビー)の人気の理由

airbnbの人気の理由は様々ありますが、主に以下の3つのポイントに絞ることが出来ます。

・現地の実生活や文化を体験することが出来る
・現地人との人的交流が楽しめる
・高いコストパフォーマンス

 

現地の人の実生活や文化を体験することが出来る

airbnbの物件の貸主(ホスト)は、ホテルのような企業ではなく、実際に現地で生活している個人です。なので、ありのままの現地の生活を体験することが出来るんです!

 

例えば「モンゴル」と検索すると、このような物件がズラリと出てきます。

まさに、モンゴル民族の暮らし方である、「遊牧」をそのまんま体験出来るんですね。

 

色々な国や地域を検索してみると、見ているだけでワクワクしてきますよ!!

 

現地人との人的交流が楽しめる

先ほども述べましたが、ホストは現地で暮らす個人です。

宿泊の形態は様々ありますが、中には現地のホストと直接ふれあい、同じ空間で過ごすという宿泊形態もあります。

ホストと共に生活をすることで、会話を通して異文化交流を行ったり、ホスト行きつけのお店に連れていってもらうことだって出来ちゃうんです!

ガイドブックには載ってないけど、地元でとても愛されている定食屋さんって日本にもありますよね。

そんな風にして、ガイドブックには載っていない名店にも出会えるんです!

人とは違った体験価値を得られることは間違いない!!といっても過言ではありません。

 

高いコストパフォーマンス

これまで述べてきた体験価値が得られるのはいいけど、「実際けっこうお金がかかるんじゃないの?」と思っている方もいらっしゃると思いますが、エアビーアンドビーはコストパフォーマンスも非常に満足のいくものになっています。

ホテルでは1部屋に泊まれる人数に制約があることで、1人あたりの値段が高くなってしまう傾向がありますが、エアビーアンドビーではその制約は大幅に緩和されます。

さらに家をまるまる貸し切ったりも出来るので、部屋の大きさもホテルよりかなり大きめの物件が主流となっています。

つまり、1泊の値段が同じであっても、宿泊可能人数や部屋の広さを考えると圧倒的に高コストパフォーマンスであることがわかりますよね!

 

安全性はしっかり保証されてるの?

エアビーアンドビーはとても便利なサイトである反面、見ず知らずの個人間で契約を結ぶという点において安全性の懸念がされているのが現状です。

この安全性についての対策として、エアビーアンドビーには

ユーザーによるホストの評価制度

が設けられています。

実際にあるホストから物件を借りたユーザーが、その人の対応や物件の内容について、5段階で評価するというものです。

より多数の評価が行われることにより、そのホストの信頼性は高まり、安全性を判断できる仕組みになっています。

しかし、ホスト側の安全性はどうなるのか?

という問題も存在しています。

ユーザーはホストを選ぶ指標が存在しますが、ホストはユーザーを選ぶ指標がないのです。この点については、今後考えていかなければならない安全性についての問題点となるでしょう!!

スポンサーリンク

 

まとめ

以上、エアビーアンドビーについて書いてきましたが、一概に
「便利だからどんどん使う」
「安全性が怖いから使わない」

と決めつけてしまうことなく、便利さと安全性をしっかり自分の中で天秤にかけて判断し、利用していくことが大切なのではないでしょうか!!

うまく使えばとても貴重な体験が出来る素晴らしいツールになりますよ!

ぜひ、活用してみて下さい!!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です