貴公俊の付き人への事件の陰謀論まとめ!本当かウソか検証!

度重なる不祥事により、ここ最近何かと世間を賑わせてしまっている角界ですが、落ち着き始めた矢先にまたもや事件が発生してしまいました。

貴公俊の付き人への事件

ですが、日馬富士の問題であれだけ否定派を貫いていた貴乃花親方の管轄である、貴乃花部屋の十両の力士が付き人に対して起こしてしまったのです。

これでは貴乃花親方の面目は丸つぶれですよね〜。

日馬富士の問題の際は否定をし続けていた貴乃花親方も、今回は素直に謝罪を行い、貴公俊を休場にするなどの処分も迅速に行ったようです。

そんな中で囁かれているのが、様々な“陰謀論”ですが、「このタイミングで、わざわざ貴乃花部屋の力士が問題を起こすのはおかしい」「口止めされてもおかしくないのに、表に出るのが早すぎる」などの理由から、何らかの組織的な陰謀が絡んでいるのでは?という憶測がはびこっているということです。

どのような陰謀論が浮上しているのか、まとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

陰謀論まとめ!

この事件に関しては、そのタイミングと内容に違和感を感じている人が多いようで、様々な陰謀論が囁かれているようです。

まず1つ目が、

“森友問題に対する目隠しに利用したい政府の陰謀”

言わずと知れた”森友問題”ですが、森友学園が建設される予定のだった国有地が、実際の鑑定価格の6分の1の値段で売却されたことに対して、安倍総理の妻である安倍昭恵夫人が口利きをしたりして何らかの関与をしているのではないか、という疑惑問題のことです!

この森友問題は最終的には、安倍総理や昭恵夫人の関与はないとされ、森友学園理事長である籠池理事長とその妻が補助金の不正受給などの疑いで逮捕されることになりました。

そして今回再浮上したのが、森友問題の発端となった、”国有地売却”の際の決算文書が書き換えられていたという問題なんです。

その決算文書の一部から、安倍首相や昭恵夫人、麻生財務大臣の名前を削除したことを財務省が認めたんです。

これは財務省の信用問題にも繋がりますし、ましてや安倍首相が削除を支持したとなれば、森友問題の全てが覆されるようなことにもなりかねない重要問題であると言えます。

その問題を少しでも隠そうと、角界を利用して問題を起こさせたという陰謀ということですね〜

個人的にはこの陰謀の可能性はほぼないと思いますね!

政界が組織的に圧力によってこのような事件を起こさせたことが明るみになれば、本来の意図が達成されるどころか、まさに本末転倒の事態になることは必至とも言えます。

日本の政治に対する国民の信用失墜ともなり兼ねませんので、そのような大きなリスクを背負ってまですることではないと思います。

2つ目は、

“貴乃花親方を失墜させたい相撲協会の陰謀論”です。

貴乃花親方は、日馬富士の問題の際から相撲協会の理事であったにも関わらず、対立を深めてきました。

同問題の被害者である貴ノ岩による証言と、相撲協会による報告書の内容が大幅に食い違っているというのが主な対立点だったようです。

いわば被害者であった貴ノ岩と貴乃花親方の主張やその中の事実関係などが、相撲協会によってもみ消されてしまうという危機感があったのだと思いますが、それを裏付けるように、貴乃花親方は「相撲協会は閉鎖的すぎる」という発言をしております。

このような対立を続けていると、貴乃花親方は相撲協会にとっては”自分たちの悪い噂ばかりを流す邪魔な存在”として考えられてもおかしくはないですよね。

事実、某テレビ局が一方的に貴乃花親方の主張のみを特集した番組を放送した際は、そのテレビ局に対して相撲協会が激怒したとも報じられていますが、メディアが公平性を保つことも大切ですので、何とも言えないところではあります。

そんな邪魔な存在である貴乃花親方を消したいと考える相撲協会の陰謀ということですが、こちらの陰謀の可能性としても、ほぼあり得ないと考えています。

今回のように、事件発生からすぐに明るみになり謝罪を行ったというのは、貴乃花部屋にとってはむしろプラスのイメージになったはずです。

隠蔽していたものを誰かに暴かれて明るみに出てしまうからこそ、隠蔽体質と言われるのであって、それが素早く明るみに出るというのはむしろ”隠蔽体質改善”の方向を示唆するような印象も与えるからです。

今回の貴公俊の問題が明るみに出たのは告発状によるものですが、それに対応する素早さを考えると、相撲協会は閉鎖的といわれる組織からの脱却を目指しているのではないでしょうか!

今後の動向に注目しておきましょう!

スポンサーリンク

まとめ

今回は貴公俊の付き人への事件の発端は陰謀論なのではないか?という噂に対するまとめと検証を行ってまいりました!

どのような事件にも”憶測”というものが付き纏いますが、どれも事実を確認することは難しいことのようです。

その陰謀論が現実になることも可能性としてはありますので、引き続き注目をしておきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です