塚原あゆ子の出身高校&大学はどこ?年齢や身長・体重も調査!

数々の話題作を生み出してきた、テレビドラマ演出家の

塚原あゆ子

ですが、有村架純主演の映画『コーヒーが冷めないうちに』において、初の映画監督に挑戦したそうです!

そんな話題沸騰中の塚原あゆ子はどんな人物なのでしょうか。

気になる出身高校や大学、年齢や身長・体重などを調査していきたいと思います!

スポンサーリンク

塚原あゆ子のプロフィール

名前:塚原あゆ子
生年月日:不明
年齢:不明
出身:埼玉県

2005年のTBSドラマ『夢で逢いましょう』で演出デビューを果たし、その後は『夜行観覧車』『マザーゲーム』などの話題作の数々を手がけてきた塚原あゆ子。

そんな輝かしい経歴とは裏腹に、パーソナルな情報は未だにほとんど明かされていない状態です。

演出家の気持ちというか、“出演者より目立たない”なんていう信念があるのでしょうか。

見つかった顔写真もこちらの1枚のみであり、ベールに包まれている部分が多いです!

年齢や身長・体重に関しては不明となってしまいました。

現在所属する株式会社ドリマックスには、2003年にすでに入社していたという情報が当企業ホームページにございましたので、大卒での入社となると38歳以上であることは確実となります。

2003年に社名を変更する前は『木下プロダクション』という社名だったそうで、塚原あゆ子の入社は木下プロダクション時代だったということですから、さらに少し遡って2000年入社としても40歳でしょうか。

見た目との雰囲気ともマッチするので、おそらく40歳頭〜中頃くらいの年齢であると予測できます!

出身は埼玉県ということですが、高校や大学はどちらへ通われていたのでしょうか。

調べてみましょう!

出身高校や大学はどこ?

まず出身高校ですが、出身地と同じ埼玉県内の私立高校である

淑徳与野高校

に通われていたそうです!

こちらは女子高のようですが、女子高で私立となると、”育ちがいい”というイメージは今でもありますよね〜

高校の最寄駅が『さいたま新都心』ですので、地元の久喜市からは電車で通っていたのだと思われます!

そして大学は

千葉大学文学部

を卒業しているそうですね!文学部で演出に関連することを学んだことが演出家志望のきっかけになった可能性もありそうですね。

最寄り駅は『西千葉』なので、久喜から通うと1時間半程度はかかってしまいますが、実家から通える範囲ではあったと思いますので、おそらく大学卒業までは久喜市に在住だったのではないでしょうか。

やはり高学歴でしたね〜!

大学の授業で学んだことや、一緒に過ごした友人の影響を受けて夢を持つ人も多いので、塚原あゆ子も例外ではなかったのではないでしょうかね!

スポンサーリンク

まとめ

主にドラマ演出家として活動している塚原あゆ子についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか!

プロフィールなどの情報が少なかったのは、表舞台に立たない演出家ならではな感じが個人的にはしました。

この映画監督デビューの注目度は高いので、ベールが少しずつ剥がされることを期待しておきましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です