林遣都が身長をサバ読みは本当か…ハーフ顔は母親譲りとの噂も!

2007年に公開された映画『バッテリー』でのデビューから、数々のドラマや映画に出演されている

林遣都

ですが、今でもその人気は衰えることを知りませんね!

有村架純が主演を務める最新映画『コーヒーが冷めないうちに』へも出演しているようですね〜。

そんな林遣都について調べてみると、身長をサバ読んでいる!?なんて噂が立っているようです。

そして、ハーフ顔が母親譲りであるという噂の真相にも迫ってみたいと思います!

スポンサーリンク

林遣都のプロフィール

名前:林遣都(はやし けんと)
生年月日:1990年12月6日
年齢:27歳
出身:滋賀県大津市
血液型:O型

俳優デビューのきっかけは、“渋谷駅でスカウトされた”ことだそうで、しかも中学3年生の修学旅行中だったんだとか!

まわりに多くの同級生もいたでしょうから、かなり目を惹く存在だったんでしょうね〜。

急なスカウトって「怪しい人」と思われがちだと思いますし、その話に飛び込んでいった勇気が人生を変えたんですね!

“遣都”という名前には「大きな都市に出て、大きなことを成し遂げる」という両親の願いが込められているそうですが、まさにそれを体現する形になっています!

映画『バッテリー』では、デビュー作ながら主役の原田巧役を演じ、第31回日本アカデミー賞の新人俳優賞を獲得しています。

バッテリーは野球を題材にした映画ですが、林遣都自身も大の野球好きなんだとか!

現在は、バッテリーで共演した池松壮亮や仕事のスタッフらと同じ草野球チームに所属しているそうですが、そんなイケメン揃いの草野球チームなんてあったんだと驚きました。笑

私も野球好きなので、ぜひ入団させていただきたいです!笑

バッテリー以外にもスポーツを題材にした映画に多数出演しており、『風が強く吹いている』のトレーニング中には、大学の陸上部にスカウトされるほどの実力だったんだとか。

野球だけでなく、運動神経そのものが抜群に発達しているのだと思いますね〜。

イケメンでスポーツもできるなんてそれだけで羨ましいですが、なんと音楽の才能もあり、趣味でギターも弾くそうです!

そんな“非の打ち所がないイケメン”なのが林遣都なんですね!

身長をサバ読んでいるのは本当?

林遣都が身長をサバ読んでいる?なんて噂が立っているようですが、本当なのでしょうか。

早速調べてみました!

身長の情報はすぐに手に入れることができ、

173cm

であることが判明しました。

身長の裏付けを取るために、他の芸能人との比較を行ってみました!

こちらの画像だと天海祐希とほぼ同じ身長ですが、天海祐希の身長は174cmなのでサバ読みではなさそうです。

こちらの舞台挨拶の画像では、一番右にいる佐野史郎と比較してみましたが、佐野史郎の身長が176cmと少し高いので、画像と比べてみてもサバ読みではなさそうですね〜。

結論、サバ読みなんてしていない!

どうしてサバ読みなんて噂が立っているのかわかりませんが、童顔であるからこそ見た目と身長のギャップを感じる人が多かったのかもしれませんね。

ハーフ顔は母親譲りとの噂も!

肌がすごい白く、ハーフなのでは?とも言われている林遣都ですが、実際はハーフではなく両親ともに日本人の純日本人です!

ハーフのような表情は両親に似ているのだと思われますが、母親の画像で検証してみましょう!

かなりお美しいお母さんのようで、目鼻立ちがはっきりしているように感じます。

もしかしたら、この目鼻立ちのはっきりしたところが母親に似て、ハーフ顔になったんでしょうかね〜

現在の母親の姿もお美しいでしょうから、ぜひ見てみたいですね!

スポンサーリンク

まとめ

林遣都について囁かれている噂について調査してまいりましたが、いかがだったでしょうか。

身長のサバ読みをしている噂は単なる噂にすぎませんでしたし、ハーフでもありませんでした!

純日本でありながらこの肌の白さとルックスをお持ちの人なんてそうそういないですよね。

これは林遣都が俳優として生きている所以とも言えますね!

最新の出演作『コーヒーが冷めないうちに』にも注目しておきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です