【2018年桜の開花】いつからいつまで?最も早咲きの種類をご紹介!

3月に入り、体感気温も徐々に上がってきている今日この頃ですが、年度末に入り忙しくなってきている方も多いのではないでしょうか。

そんな忙しい年度末を乗り越えると、今度は新年度の波が押し寄せてきますよね〜

そんな忙しい時期だからこそ、なにか楽しみが欲しいものです。

これからの時期にオススメなのはやっぱりお花見!

いざ花見に行こうと思って観光地に足を運んでも、「もう桜が散っていた。」なんて言っている方も少なくはありません。

そうガッカリしないためにも、桜がいつ咲いていつまで続くのかを知っておくことはとても大切なことです。

今回は花見で失敗しないために、2018年の桜の開花はいつから&いつまで咲くのかや、最も早咲きする種類をご紹介します!

スポンサーリンク

2018年の桜はいつからいつまで咲く?

3月1日に最新の桜の開花予想が発表されました!

早速地域ごとにまとめてみましたので、要チェックです。

札幌 4月30日
仙台 4月9日
新潟 4月8日
東京 3月22日
名古屋 3月21日
大阪 3月22日
福岡 3月19日

となっています!

細かい地域別に見てみると、日本最速は沖縄の南大東島で1月7日と予想されておりました!

ということは、東京の約2ヶ月以上も前に咲いているってことですよね。

2月に関東では雪が降って騒ぎになったいたのに、沖縄では桜が咲いていたなんて。。

やっぱり沖縄ってあったかいんだなと実感した次第でございます。笑

一方一番遅い予想は北海道の釧路で5月14日の予想!

なんと沖縄と4ヶ月以上の差が。

縦に長い日本特有の結果ではないでしょうか!

2018年の桜の開花予想は、例年に比べて少し早いそうです。

これは3月の高温の程度が大きいことに起因しているそうで、1.2月の寒さで遅れをとった花芽の成長を一気に挽回してくれるほどなんだとか!

3月は寒くないそうで、それだけで気分があがりますが、桜のことを気にしてみるともっと気分があがりそうですね!

気温が高い日が続くたびに、「桜の開花が近づいているなあ。」なんて感じられたら風情がありますし、日々が楽しくなりそうです!笑

3月の気温によって開花日もかなり影響を受けると思うので、日々の気温や天候に注目です!

最も早咲きの種類をご紹介!

先程紹介した桜の開花予想日は、桜の平均的な開花日の予想ですが、中でも開花の早い種類と遅い種類があるそうです!

早咲きの桜で有名なのは、

河津桜

という種類の桜です!

開花が1月〜2月と他の桜よりも1ヶ月以上も早いことで早咲きと言われており、名前の由来にもなった静岡県賀茂郡河津町では毎年河津桜まつりが開催されており、現在も開催中のようです!

誰よりも早く桜を見たい!という方にはもってこいのお祭りですよね〜

河津桜の様子がコチラ↓

スポンサーリンク

まとめ

今回は2018年の桜の開花時期について調査して見ました。

3月下旬から徐々に花見ブームが到来すると思いますので、いち早く情報を手に入れることで混雑時期を避けることも出来るかもしれません!

早めに”花見戦略”を立てておけば、損することなく花見を楽しむことが出来るので、ぜひ桜情報には敏感になっておきましょう!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です