吉本坂46がいらないと不評?オーディションの審査&選考基準を調査!

秋元康がプロデュースする坂道グループの『乃木坂46』『欅坂46』に続く坂道第3弾として、

吉本坂46

なるグループの結成が発表されました!

吉本坂46とはいったい何なのか。

すでにネット上では「吉本坂とかいらない。」などと批判の声が相次いでいるようですが、いったいどんなコンセプトのグループなのでしょうか。

オーディションの審査基準なども調査していきたいと思います!

スポンサーリンク

吉本坂46(坂道第3弾)とはどんなグループ?

秋元康プロデュースの坂道グループ第3弾のグループで、吉本興業に所属する芸能人からメンバーを選出するということです。

吉本興業と聞くと、世間一般的には”お笑い”のイメージがついていますが、吉本興業は芸能事務所なので、俳優やミュージシャンなども所属しています。

今回の吉本坂46のコンセプトとしては、お笑いやコント感、ゆるいバラエティー感は一切不要のアイドルになる予定だということ。

吉本という名がついてはいますが、お笑い志向ではなく、ガチのアイドル志向という点では乃木坂や欅坂と根本のコンセプトは同じのようですね〜。

吉本坂46はいらないと不評?

そんな吉本坂46ですが、早速“批判の嵐”にさらされているようです。

何が不評かという点を以下にまとめてみました。

・素人からの募集ではないこと
・坂道グループの清楚なイメージが失われる懸念
・NMBの立場問題

などが挙げられます。

秋元康プロデュースのアイドルグループといえば、オーディションは基本全国の素人からの募集としてきました。

そのため、誰にでもアイドルになるチャンスがありましたし、何より“昨日まで普通の女の子だった子が、国民的アイドルに育っていく過程”に魅力を感じる人が多かったように感じます。

なので、すでに芸能事務所に所属している人たちからの募集となると、魅力が半減してしまうのかもしれませんね〜

坂道グループの清楚なイメージが失われるという点においては、実際にそうかもしれません。

今回の募集の条件に性別の指定はなく、男性でも応募することができてしまうのです。

坂道グループといえば

“清楚な美少女”

のイメージが強く根付いてる分、それを覆すようなコンセプトがファンの方々には受け入れられていないような印象を受けますね〜。

そしてNMBの立場問題。

NMBはよしもとミュージックエンタテインメントの所属であり、れっきとした”吉本系列”の事務所に所属しています。

そのため、応募条件にマッチするのでは?という声だったり、NMBとのかぶりが懸念されているという状況です。

NMBの元メンバーの山田菜々などがよしもとに所属していることから、一部のメンバーの間では、元メンバーの吉本坂46での復活を願う声も上がっているようですね!

いずれも批判の声が多数ですが、中には楽しみ!という声もあり、賛否両論とびかっている状況です。

オーディションの審査&選考基準を調査!

気になるオーディションはいつ行われるのでしょうか。

詳しい日程などはまだ未定のようですが、「3月上旬頃には一回締め切りを設けたい」といしているようで、近々募集がはじまる予定です。

素人の応募枠がないため、若干盛り上がりに欠ける感じは個人的にはしています。

審査・選考基準としてはまず、

吉本興業所属であること

が大前提なので、吉本に所属している約6000名から選ばれることになるでしょう。

芸人、落語家、文化人、俳優、タレント、スポーツ選手、ミュージシャンなど、ジャンルは問わず、全てのジャンルからの応募が可能で、さらに性別も問わないというまさに異色のオーディションといえます。

男女や年齢も問われないとなると、何を審査基準にするのでしょうね。笑

見た目メインではなく、個性重視という感じでしょうかね〜。

オーディションから目が離せませんね!

スポンサーリンク

まとめ

吉本坂46はどちらに転ぶでしょうか。

現在は批判の声の方が多いように感じますが、結成してみたら逆に大人気になる、なんてこともありそうですよね!

注目されることは必至なので、目が離せませんよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です